nubesのカットはリセッターーカット ☆ 満足度◎のリセッターカットって何?



カットはスタイル創りの基本。
ヌーベスではチャイルドカットを除くすべてのカットに『リセッターカット』と呼ばれる特殊なカット技術

を用いてスタイル創ります。

リセッターカット??

みなさん、以下のようなことを感じたことはありませんか?

●分け目がついてしまう…
●襟足がうく…
●毛先がはねる…
●髪がうねる…
●ボリュームがでない…
●不必要なボリュームがでる…
●髪量を多いからすいたけど、中間から毛先がスカスカ…
●毛量が多いから、いろんなスタイルが楽しめない…
●思い通りにスタイリングできない…
●ツヤがない…
●手触りがよくない…

髪1本に毛根はひとつ。
しかし、ひとつの毛穴からは複数の髪が生えており、また、毛穴に対してすべてが真っ直ぐ生えているわけではないので、根本には〝よじれ〟や〝絡み〟が生じ、それがスタイルの扱いにくさにつながっています。



そこで使用するのが以下の特殊なリセッターシザーとリセッターワーク。



このシザー、一見セニングシザー(すきばさみ)のように見えますが、説明にある通り、1回の開閉で最大
7本しか切れないうえ、先しか刃がないので、開閉しなければ1本も切れません。

そのうえ、切れる最大7本の髪は〝よじれ〟や〝絡み〟が生じて曲がった髪のみをすくうという優れもの☆

重要なポイントがココ!!

普通のセニングシザー(すきばさみ)は髪束を〝面〟でとらえて数十本~数百本の髪をランダムにすくうえ、根本を大きくあけなければならないので、根本の毛量は一切調整できません。
もちろん、これはこれで必要な部分には絶対に必要な技術なんですが、全体の毛量を調整した場合、根本にはそのままの毛量が残ってしまうので、中間から毛先だけがスカスカのスタイルになってしまいます…。


でも、リセッターカットは髪束で行いませんし、〝面〟ではなく、毛根に対して〝点〟でとらえて、ほぼ根本から1本単位で毛量を調整できます☆
そして、1本単位で調整した髪は〝よじれ〟や〝絡み〟を伴い、スタイルを扱いにくくしている不必要な髪。

結果、すべてのお客様のスタイルの幅が広がり、たくさんのスタイルをお楽しみいただけます!!

実際のリセッターワークは以下のような感じ♪




まずは開閉せずに根本全体の〝よじれ〟や〝絡み〟をすべてほどいてコンディションを整え、お客様の希望のスタイルやリクエストに応じて、必要な部分にのみ、毛根に〝点〟で開閉ワークを入れてスタイルのベースを創っていきます。

もうこの段階で艶々&つるつる&サラサラ♪
その理由は以下のようにコンデションが整ったから☆

 


例えば、分かれて浮いていた襟足なら、こんなふう♪
襟足がこのぐらいタイトになれば、スタイルのシルエットはスゴく変わりますよね?




つむじなら、こんな感じ♪
ここにボリュームがでると、どんなスタイルもかっこいい☆



根本から〝点〟で毛量を調整すれば、根本は厚くて毛先が薄かったスタイルはこんな感じ♪
根本から毛先までタイトに仕上がると軽さと動きが出てスタイリッシュですね☆





簡単にまとめますとリセッターカットとは、スタイルを阻害している〝よじれ〟や〝絡み〟を取り除き、これまでは不可能だった根元から1本単位で毛量をコントロールして、スタイルを創るカットテクニック☆

〝よじれ〟や〝絡み〟は生え方の問題ですので、残念ながら日数が経過して新しい髪が生えてくると、多くの場合は再度生じてしまいます。
でも、次回でまたリセッターカットを施せば、コンスタントに幅広いスタイルをお楽しみいただけます。

ヌーベスのリセッターカットで、たくさんのスタイルをお楽しみくださいね♪

  • 美容室ヌーベスにこれからはじめてご来店いただくお客様はこちらからどうぞ
    ヌーベスフェイスブックアカウント
    最旬ヘア
  • 美容室ヌーベスのリクルートページ
  • aujua
    クーポンの縮小画像